腰の真中が痛くありません?

北京気功整体院は腰痛整体を行います。

慢性腰痛には第三腰椎横突起症候群の方が沢山います。

その腰痛の特徴は

第三腰椎の顕著な圧痛がある慢性腰痛です。

第三腰椎の横突起は一番長いので引っ張れる力も一番多い。

よって横突起および周囲に炎症、癒着して腰の神経を刺激します。

腰痛にお尻も痛くなります。

北京気功整体院に来院する腰痛の方は若い肉体仕事をなさる方によく見られます。

第3腰椎横突起症候群による慢性腰痛

腰痛で来院する第三腰椎横突起症候群の方は下記のように症状がありました。

①腰に外傷又は無理して仕事したことがある。

②慢性間欠的に腰がだるい。片方が多い。お尻や太腿の後ろがに痛みがあり、膝の下は痛くならない。

疲れるとひどくなり、少し動かすと軽くなる。

③腰の動きが制限される。回旋または痛くないほうの側屈の時に痛みがひどくなる。

④横突起に顕著な圧痛があり、塊りのこりがある。

腰痛の原因はいろいろです。北京気功整体院では腰痛の根本原因からアプローチできます。

セルフケアー

北京気功整体院で腰痛におすすめするストレッチを紹介します。

①拳で背骨の両脇を押しましょう。同時に腰を背中をそらしましょう。

②圧痛があるこりを弾きましょう。2~3分

③腰と仙骨部をあたたく感じるまで擦りましょう。

④軽く拳を握って、命門穴・腰陽関を30秒ずつ叩きましょう

⑤右足を伸ばして、左足を交叉させます。

右手で左足を引っ張って5秒ストレッチをします。

3秒休みます。10セット。反対側も同様に行います。

⑥側臥位で下の足を伸ばして、上の足を軽く曲げます。

拳で、秩辺、環跳、居りょう、承扶を10回叩きましょう。

北京気功整体院では日頃から腰痛のストレッチを行っている方の喜びの声を沢山もらっています。

北京気功整体院で腰痛整体を受けて、来院できない日には自宅で腰痛ストレッチを行うことで慢性腰痛で悩まなくなります。

powered by crayon(クレヨン)