住所:奈良市大宮町1-1-13第2木村ビル2階

こんな症状でお困りではありませんか

太腿の内側が痛くなったことがありませんか?

それは内転筋が損傷しているからです。
内転筋は
力を入れすぎ、筋肉を伸ばしたりして
損傷を起こします。

症状は
太腿の内側の痛みですが、
太腿の内転・外転時に痛みがひどくなる。

太腿の損傷ではないですが、年配の方は内転筋が弱っている方が殆どで、それで膝が痛くなったり、変形性膝関節症になる事もあります。
奈良市などで太腿の痛みや、膝の痛みに困ったら北京気功整体奈良院に来院してください。

これは内転筋損傷です。

内転筋の損傷か、ただ弱っているかをどうやって判断するんでしょうか?
内転筋損傷は
①太腿に力を入れすぎたことがある。
筋肉を伸ばしたことがある。

②太腿の内側の疼痛、恥骨部がひどい。
腫れ、圧痛範囲が広い。太腿の内側の痙攣

③股関節の可動域制限。内転・外転が痛くてできない。
これは私達が太腿の痛みの時の診断基準ですが、お願いしたいのはこれは参考にして、できるだけ専門家に診てもらい、診断を受け、適切な治療を受けることが大切です。

3年前から足腰が痛くて整形外科に行ったら、脊柱管狭窄症といわれました。手術を受けるのは怖いので、血行を良くする薬・痛み止め・湿布を頂きました。

1年前から10分も歩けなくなったので、整骨院・整体院などを捜し歩いていました。

インターネットの評判を見て、北京気功整体を受けるようになりましたが、4回受けてから普通に歩けるようになりました。しばらくお世話になりたいと思います。

整体師のコメント:大和郡山市・木津川市・天理市・生駒市などでそんな整体を受けたいあなたは電話くださいね。

powered by crayon(クレヨン)