住所:奈良市大宮町1-1-13第2木村ビル2階

坐骨神経痛ではありません!

下肢に痛みやしびれが出たら、坐骨神経痛だと思う人は沢山いますが、それは勘違いの場合もたくさんあります。
臀部筋肉筋膜炎の場合、
お尻か太腿のが外側へ放射痛があるです。

臀部筋膜炎は
損傷又は湿気・冷えなどで、
臀部の筋膜筋肉が炎症を起こして、
臀部神経を圧迫又は刺激して、
臀部筋肉や周りに痛みが出る。
お尻の筋肉のだるい、疼痛。
太腿の外側の痛み
蹲る、臀部の筋肉を触ると痛みがひどくなる。
お尻が痛い、しびれる又は下肢がしびれる、痛い時は勝手に判断せず、専門家に見てもらいましょう。
奈良 整体のおすすめは北京気功整体院です。いつもあなたの味方でいたい。
是非ともお役に立てるよう、ご相談ください!

臀部筋肉筋膜炎の特徴

①片方又は両側のお尻のだるい痛みがあり、
雨や疲れた後に酷くなる。

②お尻の痛みが太腿の外側に響く。膝の上まで

③お尻の腸骨稜の下に棒状の塊が硬結が触れる。

どうしたらいいの

まずはしっかり整体を受けて治してもらうことが大事です。簡単にお尻の痛みのセルフケアーをお教えしましょ!
まず、積極的に腰の筋肉を鍛えましょう!

①立位
身体を側屈させて腰の筋肉を5秒牽引します。左右交互に10回

②片脚を伸ばして、片脚を交差させます。片脚を引っ張って腰の筋肉を10秒牽引します。3秒休んで10回。反対側も同様。

③椅子に座り足を組みます。腰を曲げて、腰を10秒牽引します。3秒休んで10セット終わってから反対側も行います。

④太腿の外側を下に向け、摩ります。こりがあるところを中心的に行います。30回

⑤側臥位
環跳・居りょう・秩辺・承扶などを10回ずつ叩きましょう。

⑥家族にお尻を揉んでもらったり、拳で圧してもらったり、太腿の外側をさすってもらいましょう。

powered by crayon(クレヨン)