頚椎症

クーポン有り JR奈良駅東口すぐ

〒630-8115奈良市大宮町1-1-13第2木村ビル2階

頚椎症とは

頚椎症は、頚椎が慢性的に老化して起こります。

頚椎の変形、靱帯が厚くなる、頚椎椎間板ヘルニア等が


頚部の神経、椎動脈、頸脊髄又は交感神経を刺激、圧迫して、相応の症状をおこします。


頚椎を知ろう!

頚椎は頭蓋骨と胸椎と繋がっています。

椎骨は7個あります。

頚椎は椎間板、椎間関節及び靱帯によって連結してあり、第一、第二頚椎は椎間板がありません。

横から見ると前方に湾曲してあります。

頚椎の椎管には脊髄が通ります。

椎間孔には腕を支配する神経が通っています。

横突孔には椎動脈が通っていますが、椎動脈は大脳に血液を送る重要動脈であります。

頚椎症と冷え

首が急な冷えで痛むのは



頚椎症でよく見られるし、頚椎症の引き金にもなります。


首を冷やさないのはとても大事です。


例えば夏に冷たい風や冷房の風が直接首に当たることは避けたほうがいいです。


夏にエアコンは26°以下にしない。


冬に外出はマフラをするなど。


また、夏に襟が高い掛けるものを用意して、



冷えないように自分の身体をケアする必要があります。

頚椎症のストレッチ

①両手をロックして、

手のひらを天井に向けて

両腕を極力伸ばして、五分止めます。10セット


②首を前方に極限まで伸ばして5秒停める。

元に戻してから後方に極力縮めて5秒停める。10セット

③頭を下げ、出来るだけ顎を胸部に近付け、5秒止める。

頭を極力、後ろに向けてから頭をゆっくり左右に三回回す。5セット。

④肩を下の方に下しと同時に首も極力傾けて5秒止める。10セット


⑤手で額、後頭部、頭の横、顎を押して前伸ばし、後ろ伸ばし、

両側屈曲、頭を下げる動作に抵抗して、最大の力で5秒止める。10セット。

頸椎の自分でできるマッサージ

①拇指とほかの四指で力を入れて首の後部を二分間掴んだり捻ったりします。

②左手で右側の肩井穴を1分間掴み捻る。

同じく右手で左側の肩井を1分間掴み捻る。

奈良の整体は和龍館こちら
☎ 0742‐85‐0315
奈良市三条添川町8-18






③両手の人指し指、中指、薬指首の筋肉を上から下の方向に二分間押し揉みます。


④両手をロックして首の後部に置きます。

小指を後頭部に、人差し指を首の付け根において、

頭を極力後ろに伸ばし、10秒けん引します。10セット

正しい座位

①背筋を伸ばして座る。

上腕は自然に下ろし、前腕と90°又は少し10°くらい高くする。

前腕と手は同じ高さにする。


太腿は椅子と同じ高さ、太腿と小腿は90°。両脚は自然に地面を踏む。

②パソコンを使う仕事をなさる方は高さを調整できる椅子がおすすめです。

画面の中心部と胸部を同じ高さにして、

画面と人の距離は60-70センチ。

画面は視線以下10°ー20°

画面から目までの距離は40-50cm。

ノートパソコンはできるだけ使わないようにする。

それは、画面と鍵盤の距離
が近過ぎるので、

首を低くして画面を見るようになるので、
首の筋肉の疲労と損傷を起こしやすいです。

だからといって、

パソコンを目にふさわしい位置に置くと、

長時間の使用は肩と腕の筋肉が疲れやすくなります。

③長時間のデスワークノヴァ愛からの30分に1回体を起こし、

頭を上げたり、

肩を動かしたりした方が理想的です。

更に首の体操等を行うと首の筋肉の疲労をなくして、頚椎症を予防することが可能になります。

頚椎症と不良習慣

悪い生活習慣を直しましょう!

長期の座位、立位、臥位、歩行の姿勢が悪い

又は

長時間同じ姿勢で本を読んだり、字を書いたり

長時間パソコンする、テレビをみる。

こんな生活や仕事の不良習慣が頚椎症を起こす原因になります。

悪い姿勢はくびの筋肉を長い時間緊張させて、

首の退化を促進させ、頚椎症になっていきます。

なので、頚椎症を予防または治療するとき、生活習慣は最もだいじです。

奈良の整体和龍館はこちら
☎0742-85-0315
奈良県奈良市三条添川町8-18


正しい寝る姿勢

①寝る時はできるだけ、胸部と腰部が自然な湾曲を保持して、

両膝、股関節が屈曲し、全身の筋肉がリラックス出来るようにします。

一般的には右を向いて寝るのが最高の睡眠姿勢です。

八尾の整体北京気功整体院はこちら
☎ 072-998-7686
大阪府八尾市清水町2-2-17



②枕は肩にくっつけてこそ首と頭を支えられます。

枕の硬軟、通気性のいい物を選ぶ。

③枕の高さは人によって異なります。

仰臥位のときは頭と身体が水平になるような高さ、大体自分の拳位の高さがいいです。

側臥位のときは肩の高さと同じで、長さは肩幅より長い方がいいです。

枕が高すぎると頚椎後部の筋肉、靱帯が長時間引っ張られ疲労しますので

頚椎症を引き起こしたり酷くさせたりします。

枕が低過ぎると頚椎の筋肉がリラックス出来ず、肩や首がだるくなったり、

重く感じたりするようになります。

よって頚椎症の急性発作を誘発しやすくなります。

④背骨のバランスを保持できるベットの選択。

柔らか過ぎず、少し硬いマットのほうが脊椎の保護に役に立ちます

頚椎症の種類


年齢の増加とともに


私たちは長期に渡って悪い姿勢や


悪い習慣により、


頚椎の退化を促進して、


頚椎症を引き起こしております。


奈良の整体和龍館はこちら






よく見る症状は

首や肩の違和感、疼痛、首の可動域の制限があります。


頚椎症の種類


①神経根型.腕のしびれや疼痛、手のしびれなど

②椎動脈型ー血行不良により頭痛、めまい、吐き気

③交感神経型ー頸部の交感神経を圧迫して心臓病、高血圧の症状を起こします。
④脊椎型ー脊髄の圧迫や血行不良により、
下肢に力が入らない、ふわふわ感、綿を踏むような感覚等

powered by crayon(クレヨン)