〒630-8115 奈良県奈良市大宮町1丁目1−13 第2木村ビル2階

→ クーポン

〒630-8115奈良市大宮町1-1-13第2木村ビル2階

腰椎椎間関節のずれ

診断要点

1.腰を捻った或は冷やしたことがある。中老年人に多い。

以前にも同じ病気をしたことがある。

2.腰が強烈に痛む。可動域制限あり、咳、くしゃみの時に疼痛が増す。

臀部や太ももに響くこともある。

3.腰椎が後ろ又は片方に突き出る。棘突起がゆがむ。棘突起の上または横に圧痛あり。

4.X線検査:脊柱の側弯、両側椎間関節の間隔が異なる。

推拿治療

足の太陽膀胱経を中心に推拿を行う。

注意事項

1.重い肉体労働や脊柱の大幅な回旋を行わない。

2.コルセット・硬い床に寝る。保温。

3.腰のリハビリ。

酷い腰痛、ぎっくり腰の患者の喜びの声

来院は22年4月上旬頃、

酷い腰痛のために

立ち上がることが困難な状態でした。

当初は連続して通院し、現在は週2回のペースで通っています。

腰の痛みは大分楽になり、

日常生活の支障はかなり減りました。

今後も完治を目指します。

お家で出来ること

ぎっくり腰になったらこれくらいは家族にやってもらってもいいと考えています。

①腰を押したり揉んだりして上げます。

軽く軽く押しましょう。

できるだけ痛い所は避けましょう。

約5分間行いましょう。

②委中穴を押しましょう。

強めに圧します。

痛くて腰を揺らすほどがいいです

この腰を揺らす動きが緊張した筋肉をリラックスさせます。

③手三里穴を指で抓ります。

片手で手首をもって、片手の親指で手三里を1分間少々痛みが出るほど押します。 
ぎっくり腰はやっぱりプロに任せるべきです。
どうしても整体院に来れない時だけにやってみたらいかがでしょうか?

powered by crayon(クレヨン)