ストレスでお悩みてはありませんか

人は精神的ストレスを避けて生活することはできません。

大切なのは、ストレスの有無ではなく、その影響を身体に及ぼさないことです。

精神的ストレスは、不眠、胃潰瘍、心因性の下痢、腹痛、心筋梗塞、ガン等を始め、多くの不調や病気の原因です。

 もしも現在、身体にストレスの影響を受けていれば、速やかに取り除こう!

日常、誰もが経験する怒り、悲しみ、悩み等、心の葛藤をダメージとして受けるか否かは、やはり脊椎が大きなカギを握っているのです。

ストレスは自律神経を緊張させる

多くの方がストレスで眠れなかったことや、腹痛、下痢等は経験します。

これを自律神経の働きで見れば、交感神経及び迷走神経の緊張状態と言えます。

精神的ストレスは、心因性のものですが、

脊椎は、それをダメージとして身体に残さないように食い止めたり、たとえ現在、ストレスの影響を受け病気や不調を抱えていても、それを解消しょうとします。

交感神経の緊張による不調や病気のツボ

その代表的なツボは、胸椎8番です。
このうち一側は主として迷走神経と、ニ側は交感神経と関係し、ストレス(脳の緊張)が持続している場合、弊張しており、重度の場合は、椎骨そのものも硬く弾力を失っています。
胸椎の8番には
神経線が脳内から脊椎下端まで通っており、内臓を始め身体全体と接に関係しながそれぞれの椎骨において重要な働きをしています。

したがって、他の個かの矛盾が生じた場合、それは部分的な神経の失調となって不調や病気の原因になります。
精神的ストレスの場合大半は左側に緊張が見られます。

ストレスの整体

頭蓋仙骨療法と愉気法を使います。
力を抜いてゆっくりするだけで、
10回までに改善していきます。

powered by crayon(クレヨン)